上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またもや今さらですが、ABCフリーライブの話を。
ずっとUPしようか、しまいか悩んだのですが
後でこれに付随する話を書きたかったので、UPすることにしました。


yasuくんのソロプロジェクト Acid Black Cherry

デビューSgも予約して、スポット映像で曲を聴いて、かっこいい!
と思うものの複雑な思いがあったので、
フリーライブに行く気はまったくありませんでした。

でも、初日の大阪で
yasuくんが胸の内を話してくれたと色々なサイトで拝見して
行ってみようと思いました。
大阪はyasuくんの地元で特別な場所だから、
そんなMCが出来たのかもしれないし、
代々木の日はデビューSg発売日で、各メディアが来るだろうから
そんな状況でファンだけに向けたメッセージを
発せられるとは思わないけれど
それでも自分の目と耳で、何かを確かめたいと思ったんです。

で、ここから感想です。
レポではありません。あしからず。


代々木当日。
開始の1時間ちょっと前に着き、フリーエリアで見えそうな場所を探す。
人垣はあれど3~5列程度だったので、上手の方で場所を確保。
FCエリアはまだ入場途中。
番号が早い人は何時間立ちんぼなんだ?! と、ちょっと愕然とする。

待つこと1時間。
注意事項のアナウンスが始まる。良く聞き取れない。
屋外だから、きっとスピーカーの方向にいないと
きちんと聞こえないんだ・・・。
ライブの音はどうなっちゃうんだよ、とかなり心配になる。

10分くらい押してライブ開始。
心配していた音は、音楽に関しては問題ない様でホッとする。

SPELL MAGICで頭を振るyasuくん。
JanneのライブDVDと同じですごく感動する。
あんだけ振って何で普通に歌えるの!?

2曲目かラストか、どっちか忘れましたが、SPELL MAGICの時に
下手に走りスピーカーによじ登って煽るyasuくん。
すぐにスタッフさんがやってきて降りてましたが
2台並んだスピーカーの間にかるくはまって、
一瞬出られなくなってました(笑)
自力で脱出していましたが、そのはまってモジモジしている姿が
非常に可愛かったです。
あと初めて 咲く を経験。 ちょっと面白かったです。


アンコール後に長めのMCがありました。
私は下記の様に記憶しているのですが、
もしかしたら、アンコール後のMCではなかったかもしれない。
もしかしたら、言葉じりがちょっと違うかもしれない。
ちょっと自信がないけれど
でも、このニュアンスの言葉を言ってくれたのは確かだから
思い切って書こうと思います。


静かに話し出したyasuくん。
開始前のアナウンス同様、ところどころしか聞き取れない。
さらに最悪なことに上空をヘリコプターが通過。
プロペラの音で全てかき消される始末。
yasuくんが何かを話しているのに、どうして聞こえなくなるの。
そんな気持ちで、ただステージを見つめるしかありませんでした。

やっとヘリコプターが去って、続いているMCに耳を傾ける。
そしてはっきりと聞こえた。

「 俺の恥はJanneの恥。 俺の成果はJanneの成果 」

もう、この言葉が聞けただけで十分でした。
yasuくんはいつもJanneと共にあると思いました。

もうね、このくだりで胸がいっぱいになってしまって。
その後どう続いたとか吹っ飛んでいてどうにもならないです。

聞こえた言葉が
yasuくんの気持ちの全てではないのはわかっています。
13000人の前で話をすること自体、怖いことだと思うんです。
なのに言葉を発してくれた。
yasuくんは、あの場でファンに向けてやれることを
出来る限りやってくれたと思っています。

私はJanneというバンドと、メンバーのソロ活動を
心から応援し、信じていこうと思いました。
7月18日はそう素直に思えた日となりました。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。