上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと前から書きたいなぁ、と思っていたことがあって
なんとなく、そんな気分になったので
書いてみることにしました。



この間、『 くるり 』 のCMが
TVで流れていたので
ピアニストのエディ、居るかな~?
って探してたら
最後に
『 ASIAN KUNG-FU GENERETION 』
って出てきてびっくりした。


バンド自体が違うんだから
居るわけないっつーの。


実はこういうことは初めてではありません。


子どもの頃

水谷 豊 と 根津甚八
都はるみ と 森 昌子
石川ひとみ と 倉田まり子

この3組の区別がまったくつきませんでした。

あ、
今はちゃんとつきますよ!
つーか
全員違う顔してるのに
なんで見分けがつかなかったのか、不思議なくらいです。
( 倉田まり子は足が綺麗だったなぁ。 )


まあ、今回の
『 くるり 』 と 『 アジカン 』 については

メガネ男子

という共通項があるので
ま、仕方ないと思うことにしましたが。


メガネ男子って
みんなそっくりのメガネかけてて
似たような髪形とファッションだから特にわかりづらい。
( と、私は思ってます。 )

流行ってすごいですね。


それにメガネって
すごいマジックを起こしますしね。
優しい面立ちの人がきつくみえたり
また、その逆もありき。
人によってはメガネと一体化してる人も(笑)


なんで
急にこんなことを書き出したかといいますと、
御供くんのブログを読んでて
結構あちこちの麺屋に出没してるみたいですが
隣でラーメン食べてても
きっと分からないなー、と思ったので(笑)

こんなことをツラツラと書いておきながら
私はまだ、本人を生で見たことない(汗)
写真も小さいのばっかりだし
それで分かったら、逆にすごいかのな!?


とにかく最近のメガネ男子の見分けは
かなーり難しいのではないかと
思っていた最近です。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。