上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ABC が VAMPS の
ハロウィンイベントに参加することが決定。

それを知った日
夢にyasuくんが出てきた。

彼女みたいな扱いを受けていた。

が、しかし

仕事が始まる時間になると
スタッフの元へ駆けて行ってしまう。

そして目が覚めた。


彼女扱いされていた時の余韻に浸るよりも
駆けて行った部分に
私は頭の中で現実をきちんと分かっている、
と自己分析。
私はただのファンにすぎない。( 当たり前だっつーの(笑) ) 

yasuくんは
あくまで憧れの人。
希望を預けている人。
真摯だったり、可愛かったりと
萌え要素たっぷりの (笑) 真面目な人。


ハロウィンイベントが
Zeppであることと
また月末であったことが
憎たらしく思えた。
ハロウィンだから、月末なのは当たり前なんだけど。


場所、遠すぎるし。
時間、間に合わないし。
なんだよ、もう!


そう、思った。

そして、思った。


私、もしかしてABCのライブに行きたいのかな。


頑なだった気持ちが
ちょっと解れてきたのかも!?
まだ、よく判らないけれど
1歩、ABCに近づけたような、
そんな気分になりました。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。