上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年 3月5日(金)
渋谷タワーレコード

DAMIJAW トーク・握手会イベント






レポではなく、感想です。

そして、
他所様のレポで思い出した事も書いております。
なんせ、覚えが悪いもので・・・。
すみません。






1週間前から風邪気味で
マスクしないとka-yuくんに
感染っちゃうかもしれないと思って
必死に食べて、薬で緩和して
ついでにお肌にもいいので
ローヤルゼリー入りのコラーゲンドリンクを
飲み続け、当日を迎えた。






仕事はこのイベントの為に休んだ。
昼間はとにかく眠った。
起きたら、風邪がほとんど治ってた。
びっくりした。





マスクなしで渋谷に行った。
イベントに参加するであろう人たちが沢山いた。





東方神起でご一緒する方と合流して
会場前の列に並んだ。





入って早々、場所を確保。
家を出たときからドキドキしていた心臓が
急にキューッと締め付けられる感じになった。
下手の袖から覗くかな?
と思いきや、そんな間もなくイベントは始まった。






ka-yuくんが歩いて出てきた。





なんか、目を細めてて
そんで、ちょっと目の周りが赤い気がして

二日酔い!?

と、本気で思った。





のちに、それは完全なる間違いと分かる。







ka-yuくんは、
緊張していると何度も言っていた。
こうやって人前に出るのは2年ぶりだから、と。


そして、そう言いつつも
イベントの最後まで
必ず後ろの方まで左右を見渡しながら
話をしてくれていた。






司会の方とのトークは
相変わらず淡々としていて
でも、アンケートへの回答が始まると
だんだん笑顔が増えてきて。
会場とのやりとりも多くて。










覚えているのは、、、











動物の気持ちが解かった。
パンダの気持ち。 ( 大勢に見られていたから )

でもパンダは好きだけど強暴なんだぞ、と。





なんの話の時だったか忘れましたが
話している最中に何故か
手持ちマイクを自ら顎にぶつけて
下を向いて恥ずかしそうにしていました。









箱根へのツーリングは、自分から誘ったそうです。
shujiさんとyouちゃんと箱根に行った、と。


you “ ちゃん ” と。


なんか、
この彼の声で 「 you “ ちゃん ” 」 という
名称を聞けたのが嬉しかった。
今も嬉しい気持ちでいっぱい。


そして、肝心な事を忘れていたそうで。
当日は雨で、2人のうちのどちらかが
雨男だったことを忘れていたそうな。
ここでは結構、それについて声高々と吠えていた(笑)









そして今回もケーキの質問が採用され、
ka-yuくん、ケーキについて熱く語る。

とても良いスポンジの焼き方を編み出した、と。
でも、絶対に作り方は教えないと。
そして本当に教えなかった!(笑)


個人的に、これ系統の話はもう聞きたくなかったけれど
ka-yuくんが自ら
「 この話、長くなりますけどいいですか? 」 と、
司会の方に確認を取ってから語り始め…(笑)

自分で作り方を発明し、しかもそれが美味しいと
自画自賛するka-yuくんに
茶目っ気を感じたので良しとする。









何様でしょう。私。
でもいいや。続ける。








あとは、とにかくずっと見ていた。
スタイルが良すぎてビックリした。
足のラインが綺麗。
お肌が綺麗。
でも、瞳が一番印象的だった。







それと、冒頭で書きましたが、緊張からでしょうね。
とにかく落ち着きがなかった(笑)

椅子に座ってるのに
座り直したり、もじもじ動いたりするから
ポケットから3回くらい財布を落としていた。
ウォレットチェーンが付いてたから
すぐに拾い上げていたけれど。








テーブルの上には小さいサイズの
お水のペットボトルがひとつだけ。
それを途中でちょっとだけ飲んでいた。








で、トークは終了とのことで
一旦締めの挨拶をして
ka-yuくんは舞台袖に引っ込んだ。










机が運ばれ、ka-yuくん再登場。









さっき締めの挨拶をしたのに
司会の方から

「 皆さん、( 握手が ) 終わったら
  そのまま退場されるので、最後に一言を 」

と言われ、慌てつつも真摯に話してくれた。

でも、それに感動したという自分の気持ちは覚えていても
ka-yuくんが喋った内容は覚えていない。。。









マネさんがダンボールを持って足元に置き、
ka-yuくんの隣でスタンバイ。
途端に、端から舞台に促された。









私の前に居た方々は
皆、プレゼントを持ってきていた。

私は準備が出来なくて
本当に渡したいなら、
事務所に送ることも出来るしー、なんて
能天気に考えてた。









だって、
ka-yuくんがマネさんの手をちょっと遮って
直接受け取るなんて思ってもいなかったんだもん。









どうしようかと思った。

人生で何度目かの 「 まさか 」 が起こった瞬間。









私の番が来て
もう、頭が真っ白で
握手をしながら出てきた言葉は










ありがとうございます。









だけだった。









ありがとう、と言った時
ka-yuくんはずっと目を合わせてくれていて
「 ん 」 という感じで顎を引いてくれた。









上目使いで。









その時にわかった。
二日酔いなんかしていない。目の周りも赤くない。
シラフで真っ直ぐな瞳のベーシストが
目の前に居た。








ka-yuくんは、本当に気遣いの人だと思う。
肩を掴まれて流されていく直前に









手ぶらでごめんなさい。









そう、私が言ったら










そんな私との手をほどきながら









そんなん、全然気にしないでください。









こちらを見ながら
申し訳なさそうに眉を下げた顔をし
返事をしてくれた。








ka-yuくんの手は
冷たくもなく、普通の体温で、
想像よりも厚みのある、暖かい手だった。








前にも書いたけれど、
ka-yuくんを観ることは出来ても
至近距離に行けるなんて思っていなくて
本当に、天上人なイメージで。

なのに、
どなたにもきちんと目を合わせて、
自らの手でプレゼントを受け取っていた。









それを横目で眺めながら、ササーと退場。









ご一緒の方と2階に行き、
メンバーのポラを見て、お店の外へ出た。

携帯のカメラを使うことがほとんど無い私が
珍しく撮った1枚。

パンダちゃん






それほど、喜びが大きいイベントだった。










ふわふわした気持ちで、ご飯を食べに行ってもらった。









嬉しくて楽しくて仕方がなかった。








色々なことを教えてもらって、
自分の気持ちを沢山聞いてもらって、
その方の気持ちや考え方も聞けて、








いつものお酒が倍以上に美味しくて、







例の如く
自分、ヒートアップしました(笑)







戸惑わせてごめんなさいです








「 今やれることはやる 」 

その言葉に、
私もそうしたい、そう思えました。
自分の気持ちに正直になって行きたいな、って。







私が余らせた入場券を
わざわざ引き取って下さって
本当に感謝しています。








『 ありがとう 』









この一言に尽きる1日でした。








DAMIJAW 0306
こんなに可愛いパンダちゃん。
ありがとうございました♪










*********************************************

おばあへ

とんでもないミラクル入場券だったよ!
薄々おかしいなー、とは思ってたんだー。
そしたら不手際だって(笑)
おばあ、すごいね。
おばあが会わせてくれたんだよね。

ありがとう。おばあちゃん。
とびきりの感謝の気持ちを込めて。

*********************************************




スポンサーサイト
コメント
お疲れ様でした
楽しかったね。

何気にソロ活動の関東遠征で
2/3は真沙美さんとご一緒だったりします。

今度会った時は気を使わないで下さいな。
ありがとうございました。
2010/03/07(Sun) 18:51 | URL | かゆ | 【編集
コメントありがとうございます♪
>かゆさん

お疲れ様でしたー♪
本当に、本当に楽しかった!!

コメントまで頂けて、また嬉しくなりました。

次は最初からテンポアップして行きますね(笑)

こんな私ですが
どうぞよろしくおねがいします♪ m(_ _)m

2010/03/08(Mon) 00:05 | URL | 真沙美 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。