上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年12月1日 渋谷 J-POP CAFE
you  「 you tour LIFE UNPLUGGED 」


FC枠は80番まで。
一般(謎の整番Bは一般の意味でした)は
10名前後だったようです。
正に奇跡のチケットでした。
前日の一般は4名ほどだったとか。
急に来れなくなった人とかもいたのかな?
それでもキャパはかなり小さかったので
元々100人前後で収容する予定だったのかしら?


youさんは
会場客席の通路を通り抜け、入退場してました。
入るときも、出るときも
深々とお辞儀をしていたのが印象的でした。
たしか、上下きちんとダークスーツを着てたと思う。
アンコールでジャケットを脱いで
白シャツで出てきたときはもっとかっこよかったなぁ♪


トークはそれなりに流暢でした。
でも
多少噛みつつ、天然入りつつだったので
イベントと同じく、しっかり笑いも取ってました(笑)
たとえば “ すももも、桃も、桃のうち ” と言おうとして

「“ すももも、桃も、桃も、桃のうち ”。
  あ、桃が1回多いな!? 」とか(笑)

どうして桃が増えるのか、面白いけど疑問です(笑)


ライブ途中
音響トラブルらしきものがあり
マイクもスピーカーもダメになったらしく
2回、曲が止まりました(笑)
youさんも「 こんなすごいのは初めてだ (笑) 」
と言いつつ、必死に場をつないでました。
1回目のトラブルでは仕切りなおして弾き直し、
2回目のトラブルではスタッフさんがステージまで来て何やら相談。
面食らってるぽいyouさん。
なんと
復旧に多少時間がかかる見込みだったのか
急遽、ほんの少しの間だけ
< 生声 > < 生ギター > でやることに!

「 後ろの人、聴こえるー? 」
というyouさんの言葉に心が温まりました。

でも生ギターはちょっとだけ。
たしかここで、予定を少し変えるといって
生ジャパネットゆたか状態になったのかな?
とにかく、あの、ジャパゆたか。
録画でも生でも変わらないのがすんばらしい。
やはり只者ではないな(笑)


あと
偶然同じテーブルに座った
お友達同士であろう二人のお嬢さんが
ひとりで来ていた私に話しかけてくれました。
おかげで寂しさは感じませんでした。

アンコールのとき
最近の東京のアンコール事情を少し教えてもらえました。
まだまだジャンヌ系ライブで若輩者の私には
正直、かなりビックリするような話でした。
私がちょっと不躾にも思っていたことを言ってしまったのですが
それに対しても優しく答えてくれました。
いくら準備をしてくれていても
お客さんからお呼びがかからなければ
アーティストは出てこない。
みんなで協力してアンコールすることが
当たり前にできるようになればいいのにな、
と思いました。

その後
お嬢さん方と一緒にアンコールのコールをさせてもらい、
彼女達のおかげで素晴らしい 「 ZERO 」 のアレンジ版を
聴くことができました。
通常の 「 ZERO 」 の2倍以上の長さがあったと思います。
本当に、あのアンコールのアレンジ版 「 ZERO 」 はすごかった!
あんなにすごい迫力の 「 ZERO 」 が聴けるなんて!!

今更ながら
お嬢さん方のお名前を聞かなかったことを悔やんでおります。
声をかけてくれて
いろんな話を聞かせてくれて
本当にありがとうございました。
またライブ等でお会いできたら嬉しいです♪


えーと。
演奏された曲に対しての感想が
アンコールの 「 ZERO 」 ことにしか触れてませんが
とにかく、
どれここれも 「 凄い! 」 と 「 感動! 」 の嵐で
どの曲のどこがどう素晴らしかったとか
もう、書ききれないくらいプロのテクを堪能させて頂きました。



本当に、奇跡のチケットだったと帰宅後も実感。
というわけで、
お守り代わりに今もお財布に忍ばせております。

そんなことをしちゃうくらい
行けて嬉しかったし、素晴らしいライブでした。

youさん、ありがと。


PS・・・you日記で今回のツアーに関して
    いろんな人にお礼を述べていたyouさん。
    きっと、みんなも同じ事をyouさんに
    感じていると思うよ。
    たまにこういうコメントするから
    やっぱり男30って本当だなぁとか思う。
    だって、言葉選びが紳士的だもの。
    経験値ってこういうところに反映されると思った。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。