上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 3月3日

葵&涼平 2012 Spring Tour
情景ならびに喉、指先。

新横浜サンフォニックスホール




葵&涼平のツアー初日に行って参りました。
以下、感想です。










入場後、フラットなフロアの中。
ステージが見えそうな場所を探して、下手で待った。




しばらくして、開演。




実はこの日、私は不安でした。




前日のツイッターとブログで
葵くんに何かが起きた事を知っていたから。
たぶん、プライベートな部分で。



そんな状況の中で
葵くんはどんなステージを見せるのだろうと。



不安だったけれど、信じてもいた。
葵くんのパフォーマンスを。







ステージに現れた葵くん。



追い詰められた感じで、
歌い上げる歌詞に力がこもっていた。



先入観があったからかも知れないけれど
それが少し怖くも見えた。




でもすぐに、葵くんの表情が
「ステージの上に立つ人の顔」だということが分かったら
最初に自分が持っていた不安は、全て忘れてしまった。

あっという間に2時間以上が過ぎて、終演。





彼のステージの楽しさに
私の心が持っていかれて、舞った。




楽しかった!! 相当楽しかった!!!




葵くんもどんどんヒートアップしていったみたい。
2回、ダイブしていました(笑)



センターに人が集まってるなー。
なんて思っていたら
ステージに血相を変えたスタッフさんが
走って出てくるのが見えて。

で、その先を見たらば



葵くん、ダイブしてるよ!!
足上げちゃってるよ!!
ハイソックス丸見えだよ!! 



みたいな(笑)




涼平くんは、ほんとにお茶目。

ずっと上手に居るのかと思いきや
気づいたら下手に来て煽っていて。


ぺろっと出した舌が出っぱなしになって
ベローンとなっていたりして(笑)



そうそう。
初めて聴いた 「 猫夜亭 」。
ご本人も言っていましたが
あまりギターを弾いてないって言う(笑)
本当だったらギターを弾いているところで
葵くんと、オーディエンスと一緒に、ずっとフリしてるの。
両手をくるくるして。


そういう所が、涼平くんなんだろうなーなんて。
また天真爛漫ぶりにほんわかさせてもらった。




サポメンのおふたり。

アンカフェの輝喜くんと
ex.kagrraのNAOKIさん。



芸達者だったー(笑)



葵くんもいじりがいがあっただろうな。
楽しそうだったもん。 ふふふ。




今回のツアー。
今の葵&涼平のコンセプトと言ってよいのかわかりませんが
初期アヤビエを思い出してみよう
なんて部分もあるみたいで
涼平くんがアヤビエに在籍していた時の曲を
数曲やってくれました。
初めて聴く曲もありました。



どの曲も楽しかったです。




昔の曲が懐かしい人もいたでしょう。



でも、何も知らない私には

涼平節ってこれかなー、とか。
で、そこに葵くんの歌声が乗るとこうなるか! とか。

とても斬新で鮮やかな、新しい世界でした。



昔を知らないと、回顧すら出来ない。


でも、知らないからこそ

今感じられる何かがあると、

気づかせてくれたあおぺこ。





あおぺこでは尖っていく。




ライブが近づくにつれて、
媒体で語られていった葵くんの気持ち。




葵くんは、きっと
常にこういうライブをしたいのではないか。
そんな感じがしました。



飛んだり、跳ねたり、暴れたり、フリしたりの
アグレッシブなライブ。




やればいいのに。
葵くんがやりたいようにやればいいのに。
あおぺこに限定しなくてもいいのに。




そう思いました。




次は4月1日のあおぺこツアーファイナル。
葵くんのお誕生日。




どうなるんだろう。
楽しみすぎて想像がつかない。

期待のしすぎはよくないけれど
こればかりは
今の心模様なのでどうにも操れないです。











昔の曲を少し調べてみたら、
限定音源ばかりのアヤビエ。


しかし、ネットのお陰で
そういう曲も聴く事が可能になっている現在。



ありがとう ようつべに あっぷしてくれたひと。




それにしても
初めてライブで聞いた曲が
これだけしっかり耳に残るって、すごいことだと思う。




猫夜亭
しこさほこ



スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。