上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの日の葵くんの背中。

ベースを弾きながら
マイクのない場所でシャウトしていたNAOKIさん。

愛嬌たっぷりの涼平くん。

みんなに愛されまくってた輝喜くん。




あの日の光景が頭の中から離れないのです。
心にしっかりと残っている、あの喜び。感動。



かっこよかったし、今もかっこいいと思っている。



はやく感想書きたいけど、まだ高揚中なり。




こんなセンチメンタルなことを書いている私ですが
皆さんが綺麗、綺麗と言っている桜の花に
なんの興味も沸きません。
見に行こうとも思いません。
ここ数年、ずっとそうです。



心が枯れてるんですね。きっと。根っこから。

なんじゃらほい。



スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。