上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 4月1日(日)

葵&涼平 2012 Spring Tour
情景ならびに喉、指先

ツアーファイナル 新宿BRAZE







心にのこる、楽しいツアーだったね。







センターのお立ち台に「葵&涼平」のロゴが付いていた。



SEが流れ、メンバー登場。

初日もそうだったし、
他のイベントでもそうだったけれど
このメンツ、登場時にセンターお立ち台に乗って
フロアに向かってキメポーズ。


輝喜くん。
NAOKIさん。
涼平くん。
葵くん。



それぞれ、個性があります。







他所にアップされていたセトリを見て
最近になって思い出したことが沢山ありました。






Dear my suite.. 
ぬめり取りねぶり 
破軍の時 
南極 
勿忘草 
plugged
すいせいせいぶつ図鑑 
猫夜亭 
教会プール
モルヒネにくちづけを 
カメレオン症候群
ツェッペ氏、食べる 
良秀ノ深遠ナル悩ミ 
gimmick of heavy metal
蝶 
真実の詩 
モノクローム

EN.1
閉園の後、雨 
しこさほこ 
圧縮ロール 
ロマンサー


EN.2
変態最終頁











「 plugged 」
フリ振り楽しい。
左右を見渡す葵くんの目が優しいと思う。




「すいせいせいぶつ図鑑」で
葵くん自前のサイリウムを揺らす。
初日は棒タイプだったのに
ドデカい星型のサイリウムになっていて笑った。
かわいいモノが好きなようです(笑)




「猫夜亭」 
今回も聴けた。
嬉しい。かわいい。たのしい。だいすき。




「教会プール」
初めて聴いた。POPな曲。楽しい。
んで、フリがめちゃくちゃ可愛い!
てか、そのフリをする葵くんが超絶可愛かった!!

MCで言っていました。
教会プールは
またライブでやって欲しいって要望が
一番多かった曲なんだって。

でも、要望の割に
今日は今までで一番反応が薄かったって(笑)


それくらいやってなかったのよね、きっと。
ずっとファンだった人もわからなくなるくらい。


それでも
葵くんが忘れていたフリの部分を
お客さんがやってくれたので一緒に出来たって。
なんて、笑って言ってた。





「モルヒネにくちづけを」
葵くんに見惚れていたら、
ベースが利いている曲なので、
NAOKIさんに照明が何度もあたった。

NAOKIさんがベースにキス。
弾きながら、ヘッドを引き寄せて、キス。

その目線が、一連の仕草が、素敵過ぎて落ちました。
(このあと終盤の圧縮ロールでも
 煽るナオちゃんにまた落ちる)




「ツェッペ氏、食べる」
この曲を聴くのは2度目だったんだけれど
今回も周りが大暴れ。
自分も紛れて大暴れ(笑)
なので、どんな曲か、まったく頭に残ってないです。
知らないけど理性が吹っ飛ぶくらい
楽しく暴れられる、謎だらけの曲。

 



「良秀ノ深遠ナル悩ミ」 
「gimmick of heavy metal」
「蝶」


この流れ最高。



「蝶」で葵くんのお誕生日サプライズ。
開演前に配られたフライヤーには
涼平くんからのメッセージも。

おねがいふらいやー



今回のツアー。
セミファイナルの北海道で
涼平くんのお誕生をお祝いしたそうなのですが
アーティストさんは、自分の誕生日が近いと
必ず何かあるだろうと探りあうらしいのです。
で、バレないように涼平くんが考えたのがこれ。


何も知らない葵くんは
「蝶」に入る前に、ものすごく熱いMCをかました。

その後、「蝶」のイントロが流れて
頭振れ!ってなった途端、曲、止まりました。

というか音、消えました。
無音のライブハウス。


かたまる葵。


いきなり涼平くんがハッピーバースデイを歌いだした。
みんなも一緒に歌った。

この瞬間の葵くんの呆然とした顔が…。ふふふ。
この人、びっくりすると棒立ちになるみたい。
で、今回は衣装が半ズボンでしょ。
だから余計にその棒立ちした姿が
面食らった子供のようで可愛かったです。


ここでBDソングが来るとは思っていなかったそうです。



だよね。
予想してたら、あそこまで熱いMC出来ないと思う(笑)



面食らった顔が、可愛かったです。(2度言える)



お祝いをしてもらって、
熱いMCをしたことに照れて、
仕切りなおしての「蝶」は
こちらもテンションの切り替えが
ちょっと大変だったけれど、楽しかったです。




「モノクローム」
まだこの曲に慣れていない頃は、
モノクロームで本編が終わるのが
不思議な感覚だったけれど
この日は本当にグッときた。








本編が終わったら、ステージに黒幕が引かれた。
アンコールで開くまでに結構時間がかかった。
でも幕が開いて、理由がわかった。





アンコール1曲目は 「 閉演の後、雨」 でした。




ステージ中央に、
ピアノがセッティングされていた。

1台のピアノの前。
鍵盤の前に並んで座る、葵くんと涼平くんが居た。



微笑ましい2ショットに、黄色い悲鳴が上がった。



この時の葵くんの歌声が本当に綺麗で。
ピアノと声だけだから、ほぼアカペラ。
歌、上手いなあって思った。




「しこさほこ」
葵くんが笑顔でフロアを眺めながら
じゃんじゃんじゃん、ジャーンプッ!
って言うのがすごく好き。本当に楽しい。
テンポがちょっと難しい曲なので
みんなで同時に飛ぶのは難しかったみたいだけど
私も最後の方は合わせられて満足。




「圧縮ロール」
きたこれ。でたこれ。
何もかもが吹っ飛ぶ、大暴れ曲。
この曲で、会場をメチャクチャにするのが
相当楽しいと見えた。

それは葵くんだけではなかったようで
涼平くんも、そしてNAOKIさんも!
(輝喜くんはドラムから動けないのが残念)

逆ダイっていうの?
あれする時にね、NAOKIさんが
葵くんたちと並んで、ステージのギリギリまで
出て来て煽ったんです。
その時にね、きっと衝動的にしたんだと思う。
ベース弾きながら、いきなりシャウトしたんです。
その姿が本当にかっこよくてねえ。
「モルヒネ」とはまた別の。
思い出すだけで、惚れ惚れ。






「変態最終頁」

最高の思い出をみんなで作ろうと
原宿で叫んだ12月。

あけて翌年にツアーを敢行。
そしてファイナルのこの日。


最高の思い出をありがとう。


叫んだ葵くん。



たまらない気持ちになった。
良かったね。

このメンバーでツアー出来て、良かったね。
私、すごく楽しかったよ。
また新しい世界を魅せてもらったよ。
本当に幸せだって思えたよ。








**********************************************

ここからは覚え書きです。(順不同)





葵くん、ライブ早々かな。
気づいたらジャケット脱いでた。




どの曲だったっけ?暴れだったのは確かなんだけど。
葵くん、ダイブ。
この日も何度かやってくれたみたいだけど
私から観えたのは1度だけ。
観えたって言うか、降って来た。

下手に葵くんが来てくれて
なんかこっちの方を凄い煽ってるな、って思った途端
背中が降って来ました。

人生初、アーティストの背中を支える。



葵くんの背中、プールに落ちました?ってくらい
汗でびっしょりだった。
ジャケットは早々に脱いでいたけれど
降って来たとき、シャツの上にベストまで着てたのに。
でもね、さらさらなの。
汗まで爽やかで驚いた。

そんで、想像以上にウェストが細くてビックリ。
硬い背中にビックリ。脂肪がない。

努力してるんだなあ。

私も努力しないといけないんだけど、
心が弱いんだよなあ。






めずらしく、葵くんと目が合ったような気がした。
1回だけ、確実にじっと私を見てくれました。

妄想でいいから。

このクソボロな女の
ドロドロ姿に満足していただけたかしら? 幸せ。





輝喜くん、超かわいい。
マスコットですね。
観るとね、笑顔でドラム叩いてるの。

「いま一番聴いてるCDは、アヤビエ即完音源集です」って(笑)

葵くんのソロの持ち歌歌ったりして。
輝喜くんだからこそのMCでした。





涼平くんは、
煽りにくるとかならずしゃがんで
フロアのファンと目の高さを合わすの。
やりますなー(笑)





最後の最後で、葵くんから。

隣の人と手、繋いで、ジャンプね。みんなで飛ぼう。

そうアナウンスがあって
ファン同士が手を繋いで
ステージの上のメンバーとフロアのファンが
一緒に飛んで、終焉となった。

なんか、青春ぽくて照れちゃったけれど
こういうキザな葵くんも好きです。





ライブ終了後、近くにいた人たちが
お互いにいたわりあっていた。
(ライブ後に良くある風景(笑))

私にも声をかけてくれた方がいたので
いいライブでしたね。
と言ったら、本当に楽しいライブでしたね。
という返事が返ってきて
途端に泣いてしまった。
勝手に出てきたの、涙が。
ライブが楽しくて、終わったことが寂しくて泣けた。

しかし、目の前の相手は知らない方。
大丈夫ですか?と心配してくださってありがとう。







葵の迷言。

「おまえらのシャンプーの匂いを嗅がせてくれ」


頭振れの意味。
女の子が頭振るといいにおいがするんじゃないかって…。
昔からこういう風に言ってるらしい(笑)






************************************************



感極まって泣いたくせに、
感想の最後がシャンプーって(笑)

ま、こういうところも含めて
とても楽しいライブでした!!!




まさかあおぺこがアルバムを出して
ツアーまでするなんて誰が思っていたでしょう。

でも、こういうことを
ひょんなきっかけで実現してしまうのが
あおぺこなんだろうな。





真剣な遊び場。 楽しかった。






スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。