上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年11月30日(土)
V-BAND祭 ~さいたま祭2013~
HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3


ν[NEW]
Anli Pollicino
葵-168-
HERO




はじめてのハコでした。
168、最高に格好良かったです!!
赤いコードのワイヤードマイクが
あおちゃんの一部になっていました。



requiem
Dancin'Viper
秘すれば花
アザレア (未発表新曲(発売未定))
メメントモリ (2013.12.24渋谷O-EAST無料配布音源)
beauty girl
スピカ (2014.1.15リリース「必要惡」カップリング)



「requiem」でのあおちゃんの歌い方、表情が
観るたびに挑戦的で刺激的になって行く曲。
鋭い目線でニヤリと笑ったりする。
オープニングから、ものすごく格好よかったです。


「Dancin'Viper」
毎回お立ち台に上がっては、
ベースソロを弾かずに手拍子するNAOKIさんに
いつも強く突っ込む(笑)あおちゃんですが
この日はタイバンだったせいか妙にやさしく
「弾いて♪」って言ってて笑ってしまいました。


未発表の新曲「アザレア」
聴くのは2度目だったのですが
前回があまり音が良くない場所で聴いてしまっていたので
初めてに近い感じで聴きました。
サビが印象的なジャジーな曲でした。
発売予定のある曲ではないので
ライブに足を運んだ人だけの特典みたいな位置に
ある曲になるのかな。


「メメントモリ」
こちらは12月24日のライブで無料配布される未発表曲。
以前あおちゃんが
“みんなに聴いて欲しいからいろんな所で早めに出していく”
と言っていた曲で、この日が初披露でした。
なんかね。
歌詞に思い当たる箇所があって
聴いてる途中で泣けてきました。
顔を手で覆って、下を向いてしまいました。
悲しくて悲しくてどうしようと思いながらステージを見上げたら
あおちゃんはすごくすごく
穏やかな微笑みを湛えて歌っていました。
その表情をみたら、なんか悲しさが薄らいで。
最後の歌詞を強く伝えたかったんだなって
思いました。
“メメントモリ”とは「人はいつか死ぬ」という意味。
いつか必ず終わりは来るのだから「笑って」と。

笑えない人生を送り続けている人間に
これほど痛い言葉はないのだけれど
険しい道程を乗り越えてきているあおちゃんが
優しい表情で歌ってるのを聴いたら、また憧れました。
強い人。前へ進む意欲のある人に。



最後の「スピカ」は「必要惡」のカップリング曲。
必要惡・スピカの試聴はこちら)
必要惡MV short.ver はこちら)

スピカも初披露でしたが
「メメントモリ」とは対照的な
とても明るくて、幸せでいっぱいにしてくれる曲で。
さっき悲しくて泣いた自分はどこへやら。
スピカで元気百倍になりました。




最近、文章を書くこと事体が億劫になっていたけれど
今日この感想をアップしたのは
すべて「メメントモリ」の影響です。
あおちゃんのライブは
私が一番素直になれる場所な気がします。

さいたままで行った甲斐がありました。


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。