上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は変ちくりんな夢をみました。
ネタがないので見たままをそのまま書いてみました。
なので妙に長くなってます。




なぜか友人とABCの箱ライブ会場にいる私。
ライブが始まり、あっという間に流されて
最前列に来てしまった私と友人。
押されてフーフーいいながら
ライブに夢中になっていたら
yasuくんがステージからフロアに降りてきて
私の腕をつかんで走り出した。

ライブ会場を出て
そのライブ会場が入っているファッションビルを出て
( なぜファッションビルなのかは不明。 ま、夢ですから(笑) )
ひたすら手をつないで走る。
途中、ファッションビルの裏の搬入口で
yasuくんがすごく可愛い顔をして
私を覗き込んできた。

覗き込んできたyasuくんは
ばっちりABCモードで、
顔は今よりちょっと前くらいに痩せていて
黒髪ポンパドールに青いカラコン。
( 今思えば SPELL MAGIC のプロモと一緒ですね。)

そして不敵な笑みを放った。

ここで妙な違和感を感じたのだが
yasuくんと手をつないで
笑みまでもらってしまったので
そんな違和感なんてすぐに忘れて
ひたすらyasuくんに引っ張られるまま走って行った。

最終的にたどり着いた場所は
さっきのファッションビル。
バカみたいな数のエスカレーターを上り
階段を上り、クタクタになる私。

どうやら、ライブ会場は
この謎のファッションビルの最上階にあったらしい。

最上階に着いたら
さっきまで手をつないでいたyasuくんの姿は
まったく無くなっており、代わりに友人が待っていた。

突然、スタッフさんに 「 チケ番は? 」 と聞かれ
半券を持っていない私は番号が分からなかったので
「 真沙美です 」 と何故か名を名乗った(笑)

そしたら
「 下に行って、半券で豆をもらって来て下さい 」 と言われる。


なぜ、豆。


などと考える暇もなく
友人が 「 早く行こう! 」 と言って
私の腕をつかんで、また1階に。

そのままビルの外まで連れ出された。
そこには先ほどはなかった駐車場があって
運動会でよく使う、野外テントと紅白幕が張ってあり
甘納豆らしきものの特売をやっていた。

とにかく友人が焦っており
「 早く豆取っておいで! 」 と煽られたので
仕方なく豆売りのおじさんに話しかける。

また 「 半券は? 」 と聞かれたので
同じように 「 真沙美です。」 と名乗る私(笑)

そしたらあっさり
謎の甘納豆らしきものを袋に詰めてくれた。
それもサービスで溢れている。
つーかこぼれてた(笑)

豆を受け取り、訳の分からないまま
友人と最上階を目指したが
今度は階段ばかり。
こんなんじゃライブ会場に戻っても足が動かないよー!
と泣きを入れつつ
何とか最上階のさっきのスタッフさんの元へ。

豆を渡すと
「 あ、真沙美さんですね。
  実はyasuは双子で、さっきのyasuは偽者です。
  あなたはそれが判らなかったのでハズレです。
  ということで、これをどうぞ。 」

なにそれ!?
あの違和感は偽者だった事を私が察知してたってこと?
つーか双子ってなによ??
でもyasuくんの兄弟ならおいしい経験だったのか??

と、軽くパニくりつつも、スタッフさんの後ろを見ると
「 真沙美 」 と書かれた紙切れの下に
プレゼント用のライブグッズ多数が並べてあった。

ほんで
なぜかソレを受け取らずに
友人と一緒にライブ会場に戻る私。
会場に戻ったら

双子のどっちか判らないyasuくんと
顔が暗くて見えないサポメンさん達が
がっつりライブをやっていた。


そこで目が覚めた。


夢ってホント設定がメチャクチャな時がある。

この間、ちょっとだけ
ABCの箱ライブと
松本和之のツアーと
イベント MIX JUICE に
申し込みすらしなかった事を後悔した。


信じると言いながら
勇気がでない自分に落ち込んだ。
だからこんな夢を見たのだろうか。


偽者のyasuくんが出てきたり
サポメンさんの顔が暗くて見えなかったあたりが
私がABCを近くで見たことがないことを物語っていて
ちょっと現実的な要素も入ってる夢だなぁと思った。


でも、なんで偽者のyasuくんが
双子の片方って設定だったんだろう?
そっくりさんでいいじゃん!
と、自分にツッコミを入れたくなった夢でした(笑)


ここまで読んでくれた方、読んでしまった方
くだらない話に付き合って頂き
ありがとうございました <(_ _)>

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。